介護・福祉系のお仕事

専門的な知識や技術を身に付けた信頼される人材が多数必要とされています。

ケアマネージャー
ケアマネージャーは介護支援サービスのほぼ全過程で、要介護者からの相談に応じ、 心身の状況等に応じた適切な居宅(在宅)サービスまたは施設サービスができるように、 介護サービス計画の作成、見直しや情報提供を行い、市町村、事業者、施設などとの連絡調整を行います。 資格を得るには保険・医療・福祉の分野で5年以上の実務経験と、国家試験に合格する必要があります。
介護福祉士
高齢者や障害者の自立を助けるため、食事や入浴等、個人の生活を支える仕事です。 時には介護者の家族に 具体的な助言を与え、指導をするなどして、 さまざまな面から介護者の自立をサポートする専門職です。
ホームヘルパー
高齢者や障害者の自宅を訪問して、家事を代行するなどの、さまざまな介護を行う仕事です。たいていは、 掃除や洗濯、買い物といった家事を中心に行うヘルパーと、入浴や洗髪、排泄の介助などを行う介護中心の ヘルパーとに分かれます。強い精神力と、きめ細かい心配りを出来ることが必要です。さらに、想像以上に ハードな仕事ですから体力に自信がないと務まらない仕事とも言えるでしょう。資格には1~3級まであり、 就職には2級以上の資格が必要とされている場合が多いようです。